福岡市南区の西鉄高宮駅近くにある、男性専用美容室【SAMURAI HAIR】 『美容室は、女性ばかりで緊張するし・・・理容室は「カチッ!!」と、されそうじゃし・・・ワシは、何処で髪切りゃエエんじゃ~!!』と、お悩みの方・・・。 朗報です♪ 男性の,男性による,男性のための,メンズ・オンリー・ヘアサロン♪ オトナの男性の方が、オシャレを楽しめる空間を提供してます!!!

2008年08月29日

大誘拐!ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

草木も眠る、丑三つ時…


計画は実行された。


家が内装業をしとる友達が、軽トラを持って来て、

前に2人、荷台に4人乗り込み、広島の街に出掛けた…。


そう…


ある人物を、誘拐するために…


目的地に着いた…


月夜に怪しく光るカーネルサンダースおじさん…


そう!!

彼こそが今回のターゲットだ!!


冷静に…

業者の様に…

軽トラにカーネルサンダースおじさんを積んでロープで固定!!

素早く軽トラを発進させた!!


目的地の公園に着き、

ケンチキが開店するのを待った…。





そして、開店時間!!


公園の電話ボックスからお店に電話した…





「お電話ありがとうございます。ケンタッキー〇〇店で、ございます。」




『もしもし、ワシじゃがのぉ〜
迎えに来てくれんかのぉ〜
今、〇〇公園の電話ボックスにおるんじゃが…

でられんようになったんじゃ…。』





(>д<)!!!!!





その後は、どうなったか知りません(笑)


しかし、

今でも広島の大通りにあるケンチキのカーネルサンダースおじさんは、鎖で固定されています…。



チャンチャン♪





昔は、よく悪戯したなぁ〜(≧ε≦)


ちなみに、このカーネルサンダース誘拐事件には、


僕はからんでませんから…ネッ( ̄▽ ̄)v
  


Posted by samuraihair at 13:11Comments(7)若気の至り

2008年08月27日

BOB。

ちなみに、僕自身は、


『BOB』というあだ名である。

(高校から現在に至る…。)


本名は、村井智和(ムライ トモカズ)


あだ名の由来は…。


「え゛〜ボブっぽいじゃん!!」





(>д<)





ぽいって…?????





由来…は…?????




冗談じゃねぇぞォ!!
  


Posted by samuraihair at 20:04Comments(4)若気の至り

2008年08月27日

親の心…子知らず…

いやあ〜


最近雨よく降りますねェ〜

サムライヘアーは、入口に黒い暖簾がかかっているので、

雨が降りだすと店内に持って入って…ε=┏(; ̄▽ ̄)┛


止むと外に架けて…ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

と、バタバタしてしまいます(≧ε≦)





雨で思い出しましたが…

最近傘を、パラボラアンテナみたいにしてる小学生を見ないですネ!!


ほらッ!!


傘を開いたまんま、野球のフルスイングみたいにして

『バサッ!!』


と引っくり返すあの技ですョ!!

その中に、雨水貯めたりして友達にかけたり…


よくやってませんでしたか?


しかも、雨樋から



『ザァ−ッ!!』


と雨水が、滝の様になってる下に行って


「修行!!」(>д<)

とか…やってました。(^_^;)


当然、家に帰る頃には傘がボロボロになってましたが…

お袋には、


「バリ、風強かったんじゃけぇ〜大変じゃったわ!!」

と言って誤魔化してました…。


子供の頃の嘘って…100%とバレとったんじゃろうねッ!!


親心かねェ〜( ̄▽ ̄)v
  


Posted by samuraihair at 15:36Comments(6)若気の至り

2008年08月20日

物体…X。

小さい頃よく行ってた、近所の駄菓子屋


基本的には酒屋さんだが、野菜や果物、そして駄菓子があった…。

このお店の特徴は、一言で言うと、


とにかく汚い!!(≧ε≦)


入口にある野菜、果物は乱雑に山積みしてあり、

下の方は変色して変な臭いがしていた…。


駄菓子も買うモノを見誤ると酷いコトになる。



アメ玉が、ネチャネチャにくっついていたり…


ラムネ菓子が一塊たまりになってたり…






でも暑い夏の日、


どぉ−しても、その駄菓子屋で買うアイスがあった。

ソーダ味のアイスで、棒が2本付いとって、


真ん中で割ると2本になる

当時30円のアイスキャンディじゃ!!

しかも当たり付き!!(まぁ〜当たったコトはないが…。)





何時もの様に、

近所の友達と2、3人で駄菓子屋に行き

アイスが入っとる箱をガサゴソやっとった。


「おっ!!今日は当たる気がするでぇ!!」


『ホンマかぁ〜村チャン!!』


「ホンマじゃぁ〜やぁ!!これは、いつもと違う感じがするでぇ!!」

と言いながら奥の方から1本取り出し

(ワシは、長い間アイスを楽しみたいけぇ−たいがいカチコチに固まっとる下の方から取りょ−った( ̄▽ ̄)v)


お店の前で封を開けた…。




その瞬間…(>д<)





ワシのアイスの運命は…





終わっとった…。





ハズレ…。





と書いた文字が、

アイスを突き抜け

本来手で持つ方が、アイスに埋まっていた…。



そう…ワシは…


ハズレの方を持って、意気揚々と店から出たのだ…。




それからも、その駄菓子屋で変形アイス…


物体Xの被害に合う仲間は後をたたなかった…。
  


Posted by samuraihair at 19:25Comments(4)若気の至り

2008年07月25日

火曜サスペンス劇場!!

暑い日が続きますねェ〜(≧▽≦)ゞ


夏はやっぱり海か川で遊びたいッ!!♪d(⌒〇⌒)b♪


ただッ!!


気を付けないと、事故が多いですからねぇ…。










とても…

とても暑い夏の日だった…。


当時…

小学校5年生だった僕らは、
地元の川原で遊んでいた。


すると…


川の上流からデッカイ発泡スチロールが、



どんぶらこ〜♪



どんぶらこ〜♪



流れて来ました 。



そこからは…

川原は戦場に変わり、

敵の戦艦(発泡スチロール)に

連合軍(ワシ等)が

ミサイル(川原の石)で攻撃

という遊びが始まった!!

敵の戦艦までの距離は

およそ、500メートル(5メートル)

次々に発射されるミサイル!!

水しぶきをあげ!!

水柱が海面に何本も立つ!!





「クソッ!!(>ε<)

もっと遠くに投げれて

威力のあるミサイルないんかいのぉ…。」

としゃがんでミサイルを探していると…





背後から…

『村ちゃん!どけぇぇぇ!!
最終兵器じゃぁぁぁ!!!』└(`□´)┘



と、



ミノルが叫んだ!!





ミノルは、

自分がようやく持ち上げれるくらいの最終兵器
(石ッ…いやッ!!ありゃぁ…岩じゃのッ)



を発射しょうとしていたのだ…(;□;)!!





(えっ!?

ミノル…???

その岩を5メートルも投げれるン???

無理じゃぁ…(ToT)

持ち上げるだけで、力使い果たしとるしィ…

絶対!!たわん(届かん)
何で…

そんなデッカイ岩を…)



ワシの背後で、

火曜サスペンス劇場の殺人犯の様に、

岩を振り上げる、必死の形相のミノル…






ボコォッ!!!





(>д<)!!!





…(+_+)




〜m(__)m





あれから…

年月は経ち…

今日も、元気にお仕事頑張ってきました!!!

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
  


Posted by samuraihair at 09:26Comments(0)若気の至り

2008年07月11日

怪談…(-_-)

これは…



僕が師匠の息子さんのお店で働いていた時のお話で…


紛れもない実話です…。

(小さなお子様、心臓の弱い方はご遠慮願います…)









ある夏の、蒸し暑い朝、

僕は、いつものように開店一時間前にお店に着き、ドアを開けた…




心なしか、いつもより重く湿った空気…



『あれッ?』



いつもならとっくに店内の電気がついて、
オサム君がタオル畳みしてる筈の時間なのに…



(寝坊したな…。)

と思いながらオサム君の部屋に向かった。

オサム君はスタッフルームの奥の部屋で住み込みで働いていたのだ。


オサム君の部屋のドアを開けると、
頭から布団に包まっているオサム君がいた…。



(夏の朝に、暑くないんかいのぉ…)

と不思議に思いながら声をかけた


『オサム君、早ょーぉ起きんと!!遅刻になるでッ!!』


返事がない…



仕方がないので、布団を思いっきりはがした…






が…






そこにいるのは…






顔面蒼白で…


唇は紫のガタガタ震えるオサム君だった…




『おいツ!どーしたんやぁ!!』

(おかしい…。別人みたいじゃ…)


とりあえず、急いで店長を呼びに行き、

店長と店長の奥さんがやってきた…。


店長の奥さんは、霊感が強く、
なにか異様なモノを感じたみたいで

「オサム、昨日の夜どこ行っとったん!?」



『と…友達と、心霊スポットにドライブに…』



「それから?」



『心霊スポットについたけど…別になんもなくて…

ブラブラしょーったら、白い固まりが、山みたいにしてあったけぇ…

何んやぁーコレと思って舐めたら辛かったけぇ…』



「盛り塩じゃ…。」

(しかし…心霊スポットにあるモノを、知らんとはいえ…舐めるか…普通…)

一同は声を失った…



「それで…」

店長の奥さんは恐る恐る聞いた…



『何でこんなトコに塩があるんやぁーって塩を蹴ってサッカーしました…。』









( ̄□ ̄;)!!










そう…






彼は…






今でこそ珍しくないが…






おバカキャラなのだった…





その後は…


店長の奥さんに、

どつかれまくり怒られながら、

神社にお祓いに行くオサム君であった…。






教訓:


霊感があろうが、なかろうが、バチはあたる!!
  


Posted by samuraihair at 20:59Comments(2)若気の至り

2008年07月09日

何も言えなくて…夏。

夏…。



夏が来れば奴を思い出す…。





奴の名は…





ざっぱーんッ!!彡





むっちん…。






ある夏の夜、


広島の繁華街流川…


とある居酒屋で、

ワシ等は結婚式の二次会の真っ最中じゃった…



新郎も新婦も全員が知っとるけん
大盛り上がりで、気が付けば閉店時間をむかえた…


その時、事件は起こった!!





「あれッ?ワシの靴がない…!!」リュウジが叫んだ!!


『はぁーッ!!酔っ払っとんじゃろうがいやぁ』


『ちょい皆、靴履いてみぃーやぁ\(^O^)/』


ガヤガヤと全員が靴を履いたが…


汚い靴が一足余り、リュウジの靴がない…。


『どんな靴なんやぁ??この汚い靴じゃないんかぁ??(笑)』


「ちがうッ…嫁さんにプレゼントしてもらった、フェラガモの靴じゃぁ…」
酔いも手伝って、リュウジは泣きそうになっとった…

聞けば、
大切に大切にしとったプレゼントらしい…




全員で手分けして居酒屋中を探した…



それこそ、

向かいのホーム…


路地裏の窓…


そんなとこにいるはずもないのに…




店員さんにくってかかる輩もでてきた…


しかし、閉店間際で他のお客さんもおらん状態。


皆は興奮状態で

『コノ汚い靴の犯人を探すぞぉぉぉ!!』


『シンデレラ狩りじゃぁぁぁぁぁ!!』

と殺気だっとった!!

まさに、一触即発だった…








そこへ一人の男が…







むっちんじゃぁ!!








壱万円札を高くかざした…








『ワシが、壱万だすッ!!』




皆は、その言葉の意味を理解したッ!!


「ワシもじゃあッ!!」

「ウチも少ないけど…」

あちこちから声があがり、
あっという間に、フェラガモが余裕で買える金額が集まった…



リュウジは泣いて喜び…



むっちんは男上げた!!






夜の流川に、

優しい風が吹いた夏の夜だった…。










がぁ!!


次の日、


むっちんの彼女が、酔っ払ったむっちんを起こしに家に行った…


そして、玄関で一言…


『あんたぁーフェラガモの靴持っとったかいねぇ???』




…( ̄□ ̄;)!!







シンデレラボーイ…むっちん…






という電話が彼女から連絡網で回ってきた…。





むっちんは…

黙って壁の方を向いてたらしい… 。
  
タグ :男髪高宮


Posted by samuraihair at 23:17Comments(10)若気の至り